株式会社三晃商会

Home > 乗物業界 > 株式会社三晃商会

中古クレーン買取と販売【三晃商会】重機や建機のことなら

建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

中古クレーンの買取販売は三晃商会にお任せください。。重機販売輸出や建設機械輸出、中古建設機械の販売・買取を行っております。

新しいクレーンを導入した時に中古クレーンを買取ってもらおうと思ったのですが思っていたよりもかなりの安値で見積もられてしまい、他の買取業者にも話を聞きたいと思い、色々な業者を探しているときにこちらを見つけました。サイトの方にも他社と比較OKと書かれてたので安心して相談の電話をすることができましたし、電話で色々と質問をしたときも丁寧に答えてもらえたのでとても好感が持てたので見積もりをお願いすることにしました。見積もりの方法はいたって簡単で、電話で車種や走行距離などを答えるだけでよく、後日改めて連絡される見積もり額に納得できれば査定に来てもらうという方法がとても助かりました。他の業者は、直接クレーンを見てからしか見積もりをしてくれず金額に納得できなくても断りにくい雰囲気に持って行かれてしまい、嫌な印象を受けていたので、その点でもこちらの業者の評価が上がりました。そして肝心の査定でも見積もり額から大きく変更されることのない金額を提示してもらえたのですぐに契約しました。その後は本当にその場でクレーンと引き換えにお金も支払ってもらえましたし、約束通り面倒な手続きも全部やってもらえて、こんなにいい買取業者に出会えて大満足です。

注目キーワード

建設機械
土木や建設などの現場の作業で用いる産業機械のこと。 日本建設機械化協会の狭義では「一般土木工事用機械」のみを指す場合がある。
日本建設機械化協会
日本の経済産業省と国土交通省所管の社団法人。建設事業の機械化を推進などを行っている団体である。東京都港区芝公園に本部がある。1949年設立。