センチュリー21 株式会社リブレット

Home > 建物 > センチュリー21 株式会社リブレット

自由が丘の賃貸マンションならセンチュリー21リブレット

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

自由が丘で賃貸マンションを探すなら、センチュリー21リブレットへ。自由が丘に密着したサービスを目指しています。英語が話せるスタッフもいるので、外国人の方の来店もお待ちしております。自由が丘の賃貸のお部屋探しはセンチュリー21リブレットへお任せ下さい!

自由が丘で快適に暮らせるように、賃貸マンションを探すことにしました。物件探しのポイントは根部屋の間取りだと考えていましたが、インターネットで実際に賃貸マンションを探してみると、間取りだけではなく、床面積が重要ポイントなのではと気づきました。自由が丘で、同じ2LDKの間取りのマンションでも、現実には床面積が違ってきます。2LDKの間取りそのものは同じでも、床面積の違いで、収納性と生活動線は大きく変化します。自由が丘は人気の高い街ですが、だからといって安易に家賃と間取りだけで物件を選ぶよりも、床面積の違いを把握してから物件を選ぶようにすると良いのだと気づきます。具体的には、2LDKのマンションであれば、およそ80平方メートルの床面積の場合と、およそ100平方メートルの床面積との違いがあると覚えておくと良いでしょう。しかも床面積が広い2LDKのほうが家賃が安く設定されている場合も少なくありません。自由が丘で快適に暮らそうと考えているのなら、床面積を広く確保して収納性を高めれば、買い物のストックに困らなくなります。まとめ買いにも対応できます。通販を利用したいと考えているので、100平方メートルの床面積の方が、ダンボールのまま保管しやすくなると感じています。

注目キーワード

不動産会社
主として不動産の売買、交換、賃貸、管理及び、売買・交換・賃貸の代理もしくは仲介を行う会社の総称。 狭義でいうデベロッパーも含まれている。
不動産
*民法86条による定義 土地及びその定着物((なお定着物の例として、建物、庭石、樹木がある))は、不動産とする。 *不動産の鑑定評価に関する法律による定義 不動産とは、土地もしくは建物または、これらに関する所...