Tonoホーム

Home > レクリエーション > Tonoホーム

ビーチハウスの家づくりなら茅ヶ崎のTonoホーム

海の家の関連情報

海の家(うみのいえ)とは、海沿いに建てられた施設や店舗。 企業従業員、官公庁職員、市民に対する保養のための厚生施設。 海水浴場で海水浴客の便宜を有料で提供する小屋。2.について、営業形態は主に2つある。海水浴シーズンと共に仮設小屋を建てて営業し一定期間後に撤去する形態と、建物を建設した後は季節により撤去せず、主に夏に営業して年間収益の多くをその時期に得るが、他の季節は、様々なイベントに貸し出したり、そのイベントに伴う食事の提供を行なうこともあり、また曜日や時間帯を限定してレストラン・食堂として営業する場合もある。 なお、海の家を「浜茶屋」(はまぢゃや)と呼称する地域は、山形県、新潟県、北陸三県、京都府、兵庫県(日本海側)など日本海沿岸地域、および、三重県である。 本項では、2.について解説する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

茅ヶ崎・湘南でビーチハウスの家づくりを行っています。自然のリズムに帰り、リラックスして、ありのままの自分に戻っていくような。。そんな力が海にはあります。現在は太陽の光と風が感じられる湘南・茅ヶ崎、今年はハワイ支店を開設する予定です。

私は不動産投資家でありながら、海が好きな中年オヤジです。不動産投資は主にアパートの投資をしています。ですが、趣味を兼ねてビーチハウスを建築することにしました。ビーチハウスは、サーフィン好きな人が借りることができるように茅ヶ崎に建築をすることに決めました。 もともと茅ヶ崎は、私の生まれた場所でもありますので土地勘はあります。ただ、どのような物件にしたらいいかよくわかりませんでしたので、ビーチハウスを専門的に建築している業者に依頼していろいろと教えてもらいました。さすが業者だけあり、専門的なことをよく知っています。私が勝手に設計をして建築するよりも、業者さんと一緒に行った方がはるかに質の良い物件が出来上がりそうな気がしました。 設計から建築が終わるまではおよそ半年かかりましたが、おおむね満足できる住宅に仕上がったと思います。こちらのわがままも何度か聞いていただき、大変感謝しています。そのおかげもあって、入居者が多く満室になっているのが現状です。もし、このまま継続的に収益を維持することができれば、2棟目も建ててみようと思います。ついでに私が住むビーチハウスも欲しいなどと思ったりしますが、それはもう少し後に取っておくことにします。