お部屋探し支援センター

Home > 建物 > お部屋探し支援センター

東京で初期費用分割可の賃貸ならべべライズの【お部屋探し支援センター】

賃貸借の関連情報

賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(貸主、賃貸人)がある物の使用及び収益を相手方(借主、賃借人)にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することを内容とする契約。日本の民法では典型契約の一種とされる(民法第601条)。 日本の民法は、以下で条数のみ記載する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京で初期費用(敷金礼金)分割可の賃貸・物件をお探しなら株式会社ベベライズ運営の【お部屋探し支援センター】に一度ご相談ください。他社さんで難しいと言われた方でも弊社にお任せください、お部屋探し支援センターでは世の中のほとんどの物件がご紹介可能です。

私は大卒で就職した会社を辞め、新たな会社でゼロからのスタートを切ることにしました。最初に働いていた会社は薄給で、家賃を支払って生活必需品を買ったらもう給料を使い果たしているというレベルだったのです。そのような生活に終止符を打つため、転職を決意しました。 幸先良く転職先も決まり、初出勤日に向けて準備を進めていましたが、転職先は東京にあるため賃貸物件の家賃を支払えるかが気がかりでした。特に、退職した後は貯金もほぼ無い状態だったので初期費用を出せるか否かが物件を決める要素になっていたほどです。そんなとき、「お部屋探し支援センター」の存在を知りました。東京を中心に活動している企業で、賃貸物件に必要な初期費用を分割で支払えるということで依頼することにしたのです。 物件を紹介してもらって内見を行い、住みやすそうな物件だったためそのまま入居を決めました。決済をクレジットカードで行うことで分割払いが可能になり、引っ越し時の出費を大きく抑えることに成功したのです。 初期費用を分割で支払ったおかげで、これからの給料にふさわしい理想的な物件に住むことができています。とはいえ、分割で支払うためしばらくは無駄な出費を抑えるつもりです。

注目キーワード

アパート賃貸借契約書
賃貸借
一方が土地や建物などを使用収益をさせ、また、もう一方がその対価として賃金を支払う契約。