フォトスタジオ モモ

Home > レクリエーション > フォトスタジオ モモ

ページが見つかりませんでした – フォトスタジオ モモ

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

黒猫を飼っていて世界一可愛いと思っているのですが、真っ黒なので写真を撮るといまいちその可愛さが伝わりませんでした。 誰かに自慢をするわけではありませんから、写真写りが悪くても別に問題はないのですが、可愛い姿を写真に収めておきたいという気持ちがありました。 何度も試行錯誤をして写真を撮影するも、これだといえる写真が撮れませんでした。 これはもう無理かなと諦めた時に、町田市にペット写真の撮影が可能なフォトスタジオモモという店が見つかったので、そこで撮影をしてもらうことにしたのです。 素人と違ってプロですからきっといい写真を撮ってくれるのだろうと期待していたのですが、一方でプロに撮ってもらってもまっくろけのままだったらどうしようか少し不安がありました。 また、猫がフォトスタジオの雰囲気で怖がらないか心配だったのですが、実際にモモに連れて行くと興味深げにはしていたものの、怯える様子はなかったのでひとまずホッとしました。 あとは良いペット写真が撮れるかだけが気がかりだったのですが、カメラマンの人が上手くリードをしてくれたおかげで、表情はいい感じの物ができました。 そして、出来上がった写真も今まで自分で撮ったものとは大違いの、愛猫の良さが完璧に捉えられた写真でした。

注目キーワード

証拠写真
証拠として扱われる写真。
銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......