浪貝畳店

Home > リビング > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

実家の畳は、一度も張替えをしたことがなくとても傷んでいました。久しぶりに親戚同士で集まることになり、畳張替えをしようと決めました。世田谷区にある畳店が気になっていたので、無料で見積りをしてもらうことにしました。まだ気持ちは決まっていませんでしたが、見積もりの時の対応が迅速で丁寧だったので依頼をすることにしました。畳も奥深いなと感じ、種類も多いので悩みました。じっくりと考えて決めた畳は、愛着があり気に入っています。畳張替えの日は、作業を見ていましたが丁寧にやってくれてスムーズにできました。思っていたよりも時間がかからずに、テキパキと動いてくれたので早めに作業も終わりました。他の部屋もあるので、世田谷区にある畳店に依頼しようと思っています。親戚の方も、畳を褒めてくれて嬉しい気分でした。皆が気持ちよく過ごせる空間になり、楽しくて時間も忘れて思い出話に盛り上がりました。裸足で過ごすのが一番だなと感じ、毎日快適に過ごせています。畳張替えは面倒だと思い込んでいましたが、全くそういう事がなく気軽に相談してみようと思います。部屋の雰囲気が明るくなって、自分の気持ちもスッキリでき満足の畳張替えができました。

注目キーワード

千畳敷
平らに広がった地形で、千畳ほどの広さだと形容した地名・観光地の名称。全国各地に同一の名称がある。 -青森県深浦町 -東京都八王子市 -和歌山県白浜町の砂岩層 -山口県長門市の草原 -長野県の木曽駒ケ岳の渓谷など
四畳半神話大系
-森見登美彦による長篇小説第2作。2004年12月((奥付は2005年1月5日))に出版された。 -2010年、TVアニメ化。フジテレビ「ノイタミナ」枠ほかで放送。 asin:4872339061:detail asin:404387801X:detail