京生麩のお店 愛麩

Home > リビング > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

京都で有名なのはお寺になります。このお寺をみたくて京都に足を運ぶ人がたくさんいますが、お土産や旅の思い出を残したいと考えている場合は、このお寺関係の名産品を購入することを考えてみましょう。多くの人は、お土産で食べ物などを希望する場合が多くありますが、中にはお寺関係のお土産を欲しいと考えている場合もあります。有名なお寺が描かれている物、または有名なお寺のストラップなどが欲しいと考えている人も多くいます。食べ物を購入して行った方が喜ばれるのではと考えますが、この有名な寺に関わる物を購入して行っても喜ばれる傾向が強いと覚えておきましょう。またそのお寺に行かなくては購入ができない名産品も存在します。たくさん有名なお寺がある中で、自分がその場所に足を運んだ思い出を残せるので、寺を回るために、京都に旅行に行くなどの場合は、その先々で必ず何か購入をするようにしましょう。それだけでさらに旅が楽しくなります。京都には名産品がたくさん存在していますが、1カ所でまとめて購入をしてしまうのではなく、なるべく複数の場所で購入を考えてみると良いでしょう。同じ場所で購入をしてしまうと、本当に喜んでもらえるお土産なのかと疑問を感じてしまう場合もあります。また一度に荷物が増えてしまうので、その部分を不安に考えてしまう人もたくさんいるでしょう。その先々で購入をすると、一度に荷物が増えてしまう心配をする必要もありませんし、自分がもらったら嬉しいと感じる物を場所ごとに考えられるので、購入をする際も楽になります。お寺でも京都全体に関する物を販売している場合がありますが、なるべくそのお寺にしか販売されていない物を購入するとさらに喜ばれると言う部分は忘れないようにしましょう。お寺で販売されている名産品は、非常に高いのではと心配をしてしまい購入するのを避けてしまう場合もありますが、他の場所と購入する際と同様の金額になっているのであまりお金の心配をする必要はありません。

注目キーワード

日本料理店
日本料理(和食)を提供する料理店のこと。総務省の日本標準産業分類では、日本料理店の定義は「主として特定の日本料理(そば、すしを除く)をその場所で飲食させる事業所」と定められている。
日本料理アカデミー
(Japanese Culinary Academy、特定非営利活動法人日本料理アカデミー) 世界のシェフとの交流活動や、地域にねざした食育活動などを行うNPO法人。  2004年8月に日本料理の真の姿を国内・海外に発信すべく、京都...