ボックキッチンカー

Home > 乗物業界 > ボックキッチンカー

移動販売車の製作専門|大阪のボックキッチンカー

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

移動販売車やキッチンカーを大阪の堺市で作っています、新車や中古車にシェルを乗せて内装、外装、設備、保健所、陸運局の対応と、オールインワンで承ります。食品やスイーツなど、移動販売車で起業や副業をされたい方はご相談ください。

飲食店をはじめるときには実店舗で行うだけでなく、移動販売車でもスタートすることができます。店舗型では土地や物件、賃貸の場合にも貸料や敷金など場所代が必要です。場所が準備できても、必要な備品や設備そして人の確保などさまざまな初期費用がかかります。店舗型をはじめるときには東京ではじめるときには、初期費用や改装費など約1000万円ほどかかります。賃貸であっても賃料は10万円かかりさらに改装費などがかかります。移動販売車を利用する場合には、移動販売用の車が必要ですが中古でも準備することができコストを極力抑えることができます。移動販売車を確保だけでなく販売する場所の周辺店舗や企業の承諾が必要ですが、承諾が取れれば車に水道やガスなどを設置するとすぐにお店をはじめることができます。移動販売車は利用する車のタイプにもよりますが、中古車を利用すると100万から300万円ほどです。移動販売車の中古車を利用するポイントは改造するコストがほとんどかからない点です。移動販売車は基本は店主一人でサービスを行うことになるため人件費がかかりません。移動販売車では初期費用を大幅に抑えることができます。飲食店を実店舗で展開するときには注文をお客様から承ってサービスを提供します。移動販売は車のタイプによって営業スタイルが異なります。軽自動車など小型車を使う場合には販売するだけというスタイルが多いです。最低限の設備しか設置することができないため、ほとんどテイクアウト専門店となります。普通車の移動販売ではスペースさえ確保できればその場で飲食してもらうことも可能です。ただし、狭い日本では提供したものをその場で食べてもらうことが難しく、テイクアウト専門店になってしまうケースが多いです。移動販売を展開する場合には、ランチメニューに個性を出すと固定客をつけることができます。オフィス街などではテイクアウトのランチを購入する女性は多く、オーガニック素材やエスニックなど女性客にウケがよいメニーを揃えていくことが売上に影響していきます。

注目キーワード

軽自動車
日本独自の小さな自動車のカテゴリ。 他の先進国と違い、日本は電信柱など公道が狭いため生まれた。税金面などでの優遇措置がある。 軽自動車の規格が制定されたのは戦後すぐ。その後、法改正が幾度((最大排気量が...
自動車道
日本の道路運送法[]第二条第8項[]の定義では、『専ら自動車の交通の用に供することを目的として設けられた道で道路法による道路以外のもの』。